サンダソニアな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS イニエスタ、ビジャ、トーレスとうかれていたら大変な事になっていた山雅

<<   作成日時 : 2019/05/07 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

掲示板の、ロベリーで{ロベリーって誰だよ?}にひとしきり笑い、色々と読んでいたのですが、たまたま不調な神戸や、鳥栖に勝ち、たまたま訪れた大スターに歓喜し、家長や、久保くんにうっとりしている間はまだまだ気づかなかったのですが、山雅、弱すぎる‼️(笑)

どうしたらいいかわからないくらい弱いです。
気づかない様にしていたというか、現実逃避していたというか、先日のセレッソ戦でいよいよこれは打つ手なしっぽい感じになり、サポーターもどうしたらいいかわからなくなり、例年恒例の監督叩き、選手の質が他のチームと違う、スタジアムの席取りがひどい、応援がしょぼいなど、ネガネガ状態です。
本当に、昨年からなんですが、どうしたら点が入るかわからないんですよね。まあ、山雅よりいい選手揃いの鳥栖が得点不足に悩んでるのですから、そうそう山雅が点が取れる訳はないんですが。

今年のJ1は、どのチームも堅実というか、強いチームが守備的で、バカ試合的な試合がなく、そんなこんなで、弱い上に守備的な山雅が勝つのは、たまたまセットプレーが決まるか、たまたま相手が得点できなかったかくらいしかありません。
おまけにどのチームも良く走るし、集中力があるし、なかなかポカもありません。はぁ〰️、本当にどうしたら良いのか。
元々弱いのですから、ここから何かを変えても、そんなに画期的に強くなるはずもないので、夏の補強にかけるしかないと思います。なるべく、連敗しない様に、時々ひきわけでガス抜きしながら夏を待つ。
長いなぁ。

現状、対策は細かいところは修正してもらいたいですが、まだ、このチーム相手ならこの選手ということがなかなか出来なくて、人を変えると微妙なズレがおき、そこをつかれたりします。取り合えず、守田さんの復帰が一番かもしれません。村山さん、悪くないのですが、パンチングが多いので、波状攻撃を受けやすく、狙われているきがします。

上手くいかないときは、初心に戻れで、ハイプレスで思いきりやって負けてもいい気もします。諦めがつくというか。

サポも、初心に戻れで、余りにも多くを求め過ぎているような気もします。
もちろん、負けが混むと、不安になり、面白くないうえに負けるサッカーに、毎年毎年何でこうなるのかうんざりするのですが、仕方ないと言えば、仕方がない感じがします。昔の録画を見たり、松田さんがいた頃、亡くなった頃の天皇杯、昇格に沸いた頃など、次々に見ていると、本当に時の流れを感じます。讃岐に復帰した木島さんのヘアバンの3を見ると、あの頃を思い出したり、チームの選手の移籍は下位ばかりだったのが、J1で活躍する選手がいたり、J2であっても主力でがんばっている選手を見ると、嬉しくなったりします。山雅は、牛歩のごとくですが、確実に、着実に、進歩してきました。

たまたま、録画をしてあった、石崎さんのJリーグラボを見たのですが、とても興味深い内容で、おかしくて笑ってしまうような内容だったのですが、今の山雅にはとても示唆的な感じがしました。
弱いチームは、チーム力で勝つことを考えずに、個人を伸ばし、全体の力をあげることを主眼にしているとのこと。山雅はJ2までは、個人の力が足りない分、どこよりも走り、粘るサッカーで昇格を目指してきましたが、1回目の昇格は、あちこちで叩かれまかれ、場違い感が半端なかったです。そして今回は、前回よりは良くなったかもと思ったのですが、全体的な底上げはできていても、もしかしたら、前回よりも弱いかもしれない気がしてきました。前回も、昇格時のメンバーがいれば、もう少し強かった気もします。
しかし、サッカー界の流れは早く、変わりやすく、強いチームが守備を強化している今季、いくら山雅が守備を強化しても限界を感じます。チーム力で頑張る時期から、個人能力のある選手を取り、個人能力を伸ばしながら、チーム力をのばしていかないと、今のままでは限界を感じます。これも、山雅にとっては困難な事なのですが、色んな事の先を読まないと、下降はあっという間にやってきます。

少しずつ進歩を感じる山雅は、一気に歓喜がこないじらし感がいいところで、サポも、限界限界と言いながら、案外気長にチームの進歩を信じてるようなところもあり、また、色んな夢が実現している所が、やればできる感を感じさせてくれる、いいチームです。
また、初心に戻り、思いきり応援していきたい気持ちがわいてきました。
まあ、どうにか勝ってもらうことが1番ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イニエスタ、ビジャ、トーレスとうかれていたら大変な事になっていた山雅 サンダソニアな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる