完敗のアウェイ鹿島戦

いやービックリしました‼️

鹿島上手すぎて。衝撃的すぎました。ジーコっていつもいるのかな??

山雅は、本当に何も出来ずに、反町さんも、3点も取られてから選手を変える始末。

まあ、ここ近年、点が取れず、面白くないサッカーを繰り返していた山雅ですが、ここに極まりという感じで、ネットも荒れ荒れです。

しかし、毎年恒例のようなこの時期の反町さん叩き。このひどい時期を乗り越えると、なぜかわからないラッキーゾーンに入り、やたらついてくるというのを毎年繰り返して、昨年は、それが、最後まで続き、正直、何で優勝?ラッキーでしかないでしょうという感じでした。だって、点が取れないのですから。

それが、当たり前と言えば当たり前なんですが、J1では通用するわけもなく、それでも、まだまだ、つきがあり、この体たらくでも、最下位ではありません。

本当は、最速降格恐怖すらあったのですが、今のところ、不調なクラブがいくつかあり、何となく、絶望感をやりすごしている感じです。

しかし、アウェイ鹿島戦。なかなか衝撃的で、ガツンときましたね。

昨日、今日と色々な試合を見てみましたが、どのチームも、劇的な試合をしていて、羨ましいです。熊本では、岡本君、そして、心なしか、あの水戸でブレイクした頃の顔に戻った様な三島さんが、頑張っており、劇的な勝利を治めました。

ここ数年、山雅の試合で、劇的であった試合は数少なく、選手も気迫や活気がなく、勝利のアルプス一万尺も、あまり盛り上がらず、何となくチームに活気がないような気がします。原因はいくつかあるとは思いますが、大人しい性格の良い選手が多いことや、リーダーシップを取る選手がいないこともあると思います。選手個人が納得がいくパフォーマンスができてなかったり、パスを回すことばかり考えていて、やりきった感じが、見た目にあまり表れないスタイルも関係するかもしれません。

どのチームを見ても、山雅のパス回しが一番下手というか、ぎこちなく感じるのは気のせいなのか…。

かなり長い間ターゲットにあてるロングボールを多用してきましたが、パスをつなげつなげに凝り固まりすぎて、動きが全くありません。パスをもらって考えて出すという判断が、全員鈍いんですよね。それは、個人的なテクニックにもよるとは思いますが、全体のポジショニングや、つながなくてはならないにとらわれすぎている気もします。判断が鈍い上に、遅効なので、すぐに囲まれ、無理にパスを出せばピンチに、あとは、やたらいきなり蹴り出すだけです。

特に、パスサッカーを目指しているわけではないと思いますが、システム上必ずサイドで囲まれるので、そこでやれるともう打つ手なしです。

ハイプレスも、開幕ではまったくらいで、あとは、引きすぎた中を固める守備で、それがはまったりはまらなかったり。特に今回みたいな鹿島には、全くはまりませんでした。

今回の鹿島は特別として、これから山雅はどうしたら良いのか?

私は戦術的な事はわかりませんが、ある程度ハイプレスをしていかないと、手も足も出ないという試合が多くなると思います。J1は上手いのでプレスをしてもかわされるため、体力を消耗しますが、あの山雅の、スピードもない距離を取りすぎる寄せは、何も効果がなく、上手い選手を、ただ自由にやらせるだけだと思います。ダメ元で、もう一度ハイプレスどうでしょうか?

チームにより、やり方を変えていきたいところですが、それも難しいし、レアンドロと、大然があってないというか、システムにも問題がある感じもします。

2015を経験した人は、J1そんなに簡単じゃないよというのはわかっていて、今回もう少しできるかもと思っていたのですが、なかなか今回も難しい様な感じもします。

山雅を見に行くサポは色んな人がいて、ダメなら監督をすぐ切るみたいな事が、お金もないし、心情的にも難しい気がします。全員が勝利至上主義でなく、劇的な試合が見たい、選手の成長や、やる気を見たい、毎回必死に気持ちのこもったプレーを見たいなどに重きをおいている人も少なくないと思います。

そうでなければ、あまり面白くなく、変わり映えのしない負ける試合を毎回見に行くモチベーションが出ないと思います。次こそは頑張ってくれ!と期待しながらついつい見に行ってしまいます。

しかし、これが、いつまで続くのか…。

やはり、弱くても、観客の気持ちを最低限つなぎ止める何かがないと、多くの観客が、ずっといつまでもあきずに見に行くという時期は過ぎた気がします。

ただ、熱しやすく冷めやすく、それでも保守的で、気が長いような短いようなプロビンチャの山雅では、劇的な変化を求め失敗するより、なあなあな結果で少しずつ成長し続けるのを選ぶ人が多い気がします。

たとえ、上手くいかなくても、ある程度穏便に事を進めたいし、なんだかんだ幸せな長い時間を提供してくれた監督には、勇退してもらいたいです。


そのために、選手には元気を出してもらい、奮起して欲しいです。将来的には選手の質を上げないとJ1は無理だと思いますが、そんなことを言っていられないくらい上手くいかないことになるかもしれないので、その時その時でベストをつくし、将来を見据え、地道にやってくしかないですね。

監督を変えたとしても、今の選手では、なかなか難しい感じはしています。

夏の補強で、チームが活性化することを願っています。

この記事へのコメント